離婚相談ならあすなろ法律事務所(東京・新橋駅すぐ)にお任せください。

お電話でのお問合せはこちら
0120-211-134
業務時間
9:30~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

お問合せは24時間お気軽に!

財産分与

電卓と家とお金

 

財産分与には、

① 夫婦生活を送ってきた間に協力して築いてきた財産を精算する。

「預貯金+不動産+車+保険+株券+家具家電+コレクション+退職金+年金+ペット+営業権+その他プラスの財産」-「住宅ローン+生活のための借金」÷2

② 離婚によって生活の不安をきたす側の配偶者の生活保障をする。

という二つの側面があります。

一般的には財産分与というと夫婦財産の精算だけの意味で捉えられておりますが、
長年専業主婦を続けてきた妻が、 離婚後すぐに安定収入を確保するのは困難であり、一定程度の援助をすべきであるということから、 離婚後の生活保障という性格もあります。
財産分与である程度まとまったお金をもらっていれば、 当面の生活はしのげるでしょう。
しかし、分ける財産がまったくなかったり、ごくわずかしかない夫婦も少なくありません。そういった場合、 調停・裁判では双方の収入を前提に離婚後の生活費の一部の支給として 所得の多いほうの配偶者から 生活不安のある配偶者への一定期間の援助を命じられることもあります。よって、分ける財産がまったくない、もしくはごくわずかしかない夫婦においても離婚後の生活保障という側面において十分話し合う必要があります。

ただし、離婚後の生活保障目的の財産分与は、有責配偶者には認められません。 自分で離婚原因をつくっておきながら、相手方に離婚後も生活の面倒を見ろと主張するのは許されないのです。

関連記事

養育費

子の養育費について、金額の目安や受取方法、不払いになったときの対応の仕方など解説してます。

離婚慰謝料

離婚に伴う慰謝料の請求について、請求できる原因(暴力・不貞行為等)や金額の目安、請求の仕方など解説してます。

面会交流

離ればなれになったお父さんやお母さんが定期的に面会して交流することを「面会交流」といいます

まずはお気軽にお問合せください!

面談相談

お電話でのお問合せはこちら

03-5251-0003
0120-211-134

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

業務時間:9:30~18:00
定休日:土曜・日曜・祝日

 

お問合せはこちら

事務所スタッフ

お問合せはお気軽に

03-5251-0003
0120-211-134

お気軽にお問合せ・ご相談ください。

オフィシャルサイト
専門サイト