離婚相談ならあすなろ法律事務所(東京・新橋駅すぐ)にお任せください。

お電話でのお問合せはこちら
0120-211-134
業務時間
9:30~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

お問合せは24時間お気軽に!

離婚慰謝料の請求

離婚の慰謝料とは?

離婚慰謝料とは、夫婦間の不法行為・浮気などの不法行為によって、受けた精神的ダメージに対して支払われる損害賠償です。

慰謝料とは、受けた精神的ダメージに対して支払われる損害賠償のため、計量的に金銭で表すことは出来ません。 したがって慰謝料の額は、相対的に判断する以外有りません。

裁判所の判例で見ると、概ね100万円~500万円程度となっておりますが、あくまでも個々の事案毎に裁判官が判断して決めているので、

この金額もあくまでも参考程度に過ぎません。

そのため、慰謝料をいくら受け取れるかわからないのに、はじめから高額な着手金を取る弁護士事務所に依頼するのはあまり得策ではないと言えます。

まずは、お気軽にご相談ください。お電話またはメールでご予約ください。

慰謝料請求をする上でのポイント

 請求をする前に相手の財産をチェック

相手の収入源・財産資料(勤務先・不動産・預金口座等)

※示談や判決後に合意した慰謝料を支払わなかった場合に備え、お相手の収入源・財産の情報を得ておく。

② 証拠を集める。

やはり、証拠が必要になります。不貞行為の証拠などあれば保存しておいてください。

・ 浮気相手とのメールのやり取り

・電話の通話明細

・暴力行為の証拠(診断書・暴力を受けた日時、場所などのメモ)

・配偶者の手帳のコピー(いつどこで誰と会っていたか等)

・日々の日記等も場合により証拠となります。

③ 請求できる時効は離婚後から3年。

慰謝料の請求は、不法行為(不貞行為など)・離婚後から3年で時効になります。

慰謝料の請求の流れ

STEP1

ご相談

まずはご相談頂き、慰謝料請求出来る状況かどうかをご相談ください。

STEP2

委任契約

慰謝料請求出来ると判断した場合、弁護士との委任契約を行います。

STEP3

弁護士による交渉開始

弁護士が交渉を開始。全て弁護士が行います。メール・電話にて業務報告を行います。

離婚慰謝料の請求に必要な証拠・書類

下記の証拠・書類等があれば、ご持参ください。

〇 相手の収入源・財産資料

(勤務先・不動産・預金口座等)

〇 浮気相手とのメールのやり取り

〇 電話の通話明細

〇 暴力行為の証拠

(診断書・暴力を受けた日時、場所などのメモ)

〇 配偶者の手帳のコピー

(いつどこで誰と会っていたか等)

〇 日々の日記等も場合により証拠となります。

一人で悩まず、まずは専門の弁護士にご相談ください。

解決事例

神奈川県 男性(31歳)

慰謝料額:280万円

浮気相手が内容証明を受け取り、 不貞行為を認め請求の8割で示談交渉がなされたケースで、弁護士立ち会いのもと、示談書を交わし 280万円一括で支払って貰いました。

愛知県 女性(34歳)

慰謝料額:175万円

不貞行為自体は認めるものの、夫婦関係が既に破綻していたと主張されたケース。夫婦関係が破綻していなかった同居の証明・夫婦の写真などの立証を行い、相手の主張を退け、慰謝料175万円の判決を受けました。

東京都 男性(42歳)

慰謝料額:150万円

浮気相手が職場の同僚のケースで、その後の依頼者の職場環境を考え、内容証明ではなく、携帯電話に弁護士から架電し、不貞行為の確認、慰謝料の額を交渉し、150万円一括で和解。

 

栃木県 女性(27歳)

慰謝料額:200万円

不貞行為を認め、慰謝料の金額についても合意するも、浮気相手が20代前半のOLで資力が無かったため、慰謝料200万円を毎月5万円の40回払いで公正証書の作成をしたケース。
現在も毎月5万円の支払履行中。

まずはお気軽にお問合せください!

面談相談

お電話でのお問合せはこちら

03-5251-0003
0120-211-134

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

業務時間:9:30~18:00
定休日:土曜・日曜・祝日

 

お問合せはこちら

事務所スタッフ

お問合せはお気軽に

03-5251-0003
0120-211-134

お気軽にお問合せ・ご相談ください。

オフィシャルサイト
専門サイト