離婚相談ならあすなろ法律事務所(東京・新橋駅すぐ)にお任せください。

お電話でのお問合せはこちら
0120-211-134
業務時間
9:30~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

お問合せは24時間お気軽に!

離婚後の姓と戸籍について

保険証

例えば、山田夫(戸籍の筆頭者)と山田F子(旧姓・鈴木)が離婚し、F子が親権者として子供を引き取った場合、子供の戸籍と姓は次のようになります。
①子供の戸籍と姓をそのままにしておく
この場合は手続きは不要です。
子供はそれまでと同じように父親(山田夫(戸籍筆頭者)の戸籍に残り、姓も変わりません。
②子供を、旧姓(鈴木)に戻った自分と同じ姓(鈴木)にする。
母親(鈴木F)は、自分を戸籍筆頭者とした新しい戸籍をつくります。
その後、家庭裁判所に「子の氏の変更許可申立」をします。親権者であれば間違いなく許可されます。認められたら「許可の審判書」を持って市区町村役場に行き、子供の入籍届を出します。
③子供を結婚しているときの姓(山田)のままで自分の戸籍に入れる。
姓は、母親も子供も離婚前と変わっていないように見えますが、たとえば夫を戸籍筆頭者になっている「山田さん」と、別れた妻が戸籍筆頭者になっている「山田さん」はまったく別の戸籍となります。ですから、前項と同じ手続きが必要になります。
※尚、結婚していたときの姓を離婚後にも名乗るには、離婚後3ヶ月以内に「離婚の際に称していた氏を称する届」を市区町村役場に提出しなければなりません。相手側の同意や特別な事情・理由なども必要なく、この届出をするだけで手続きは完了します。
④できないこと
・子供を自分と一緒に、実家の戸籍に入れることはできません。
ひとつの戸籍には、同じ姓の親と子二代しか入れない。
・子供の姓をそのままにして、結婚前の姓に戻った自分の戸籍に入れることはできません。
ひとつの戸籍には、同じ姓でないと入れない。
・子供の姓を結婚前の自分の姓にして、戸籍は夫のほうに入れたままにしておくことはできません。ひとつの戸籍には、同じ姓でないと入れない。

⑤子供の戸籍と姓を変更するには
旧姓に戻った母親が、親権者として子供を引き取った場合には、子供の戸籍と姓が母親とは違うことになり、社会生活上で不都合な点も数多くでてきます。
このような場合には、 子供の姓を母親と同じ姓に変更したうえで、子供を父親の戸籍から母親の戸籍に移すことができます。

子供が15歳未満の場合には、 親権者である母親が法定代理人として 家庭裁判所に「子の氏の変更許可申立書」を提出し、 子供の姓を変更する許可を申し立てます。
家庭裁判所が申立に問題がないと判断すれば、子供の姓の変更を認める審判がなされ、許可の審判書が交付されます。この審判書を添えて、最寄りの市区町村役場に 子供の「入籍届」を提出すれば、母親と子供が同じ姓を名のり、母親の戸籍に子供を移すことができます。

関連記事

養育費

子の養育費について、金額の目安や受取方法、不払いになったときの対応の仕方など解説してます。

離婚公正証書の作成

公正証書は、公正役場と呼ばれる役所によって作成される公文書のひとつとなります。

面会交流

離ればなれになったお父さんやお母さんが定期的に面会して交流することを「面会交流」といいます

まずはお気軽にお問合せください!

面談相談

お電話でのお問合せはこちら

03-5251-0003
0120-211-134

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

業務時間:9:30~18:00
定休日:土曜・日曜・祝日

 

お問合せはこちら

事務所スタッフ

お問合せはお気軽に

03-5251-0003
0120-211-134

お気軽にお問合せ・ご相談ください。

オフィシャルサイト
専門サイト