離婚相談ならあすなろ法律事務所(東京・新橋駅すぐ)にお任せください。

お電話でのお問合せはこちら
0120-580-261
受付時間
9:30~18:00 
定休日
土曜・日曜・祝日

お問合せは24時間お気軽に!

離婚カウンセラーブログ

浮気と不倫と不貞行為の違いとは?法廷における浮気のライン

投稿日:2017年11月13日 作成者:事務局

以前、俳優の袴田吉彦さんが木曜夜の人気番組「ダウンタウンDX」に出演し、グラビアアイドルとの浮気と離婚について語りました。

 

袴田吉彦さんとグラビアアイドルの浮気現場がアパホテルというビジネスマンの味方であるホテルであったことや、「浮気で使っていたアパホテルのポイントを貯めていた」と語ったことから、「アパ離婚」などとも揶揄される今回の離婚劇は、袴田さんの浮気が最大の原因になったと言われています。

 

浮気相手はグラビアアイドルで、1月頃から週刊誌やワイドショーで浮気のニュースが飛び交っていました。

 

妻である河中あいさんと離婚したのは9月上旬であったとは本人の談です。

 

袴田さんといえば、10月4日からスタートしている「水戸黄門」に出演しており、映画「猫の恩返し」などでは声優も務めました。

 

人気オンラインゲームの実写ドラマである「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」でも重要な役どころを演じていました。

 

俳優に声優と、マルチな才能のある方という印象です。

 

浮気で使ったアパホテルのポイントを堅実に貯めてしまうあたり、何だか憎めない印象を抱いた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

しかし、浮気の当事者にしてみれば、憎めないという印象で片付けていい話ではないはずです。河中あいさんは離婚後に子供二人を育てるシングルマザーとして生活なさるそうです。

 

今後のことを考えると、浮気で集めたホテルのポイントどころの話ではないことでしょう。

 

さて、ここで皆さんに離婚のニュースに絡めて浮気についてお話したいと思います。

 

浮気とは、パートナーのいる男女がパートナー以外と関係を持つことをいいます。

 

結婚していない恋人の段階でも相手以外と関係を持った場合は「浮気」という言葉を使っています。

 

対して不倫は恋人同士の場合は使わず、婚姻している男女がパートナー以外の異性に走った場合に使っているようです。

 

浮気と不倫の境界線はあいまいです。不倫も含めて異性関係のトラブルを大きくまとめて浮気と表現することもあります。

 

テレビや週刊誌でもあまり厳密に区別されてはいない印象です。

 

浮気や不倫の基準は個人によってかなり変わってきます。

 

自分のパートナーが異性と二人きりで出かけただけでもアウトという判定を下す方もいます。

 

飲みに行くくらいはOKだけれど、デートはNGという方もいます。

 

仕事上の付き合いで二人きりになることは許すけれど、仕事を離れて仕事仲間の異性と飲みに行くのは浮気とみなすという方もいます。

 

浮気や不倫の判断基準はかなり人それぞれというところがあります。

 

世間的な基準としては、パートナーのいる男女が親密な様子で二人きりで居た場合は浮気や不倫と判断されることが多いのではないでしょうか。

 

結婚していなくても明らかに恋人がいると知っている人が恋人以外の異性を伴って遊び歩いていたら、やはり周囲から浮気という判定を食らうはずです。

 

しかしこれらはあくまで個人の判断基準と世間一般の判断基準の話です。

 

法廷となると、また話が違ってきます。

 

法律分野では、そもそも「浮気」や「不倫」という言葉は使いません。

 

結婚している男女がパートナー以外と関係を持った場合は一律で「不貞行為」という言葉を使います。

 

不貞行為とは「配偶者のいる者が配偶者以外と肉体関係を持つ」という意味です。

 

民法770条に離婚事由の一つとして定められています。

 

浮気や不倫はこの不貞行為を意味する言葉としても広く使われている状況です。

 

浮気や不倫を法的に言うと「不貞行為(貞操義務違反)」になると考えると分かりやすいのではないでしょうか。

 

世間的には恋人のいる男女が恋人以外と親密になれば浮気判定を食らうことが多いですが、離婚や慰謝料などが争点になる法廷では結婚している男女かどうかが第一のポイントになります。

 

結婚していない場合は基本的に自由恋愛ですよねというスタンスです。

 

結納を済ませている等の場合は未婚でも慰謝料請求が問題になることもありますし、内縁関係でもこうした不貞行為により慰謝料や内縁関係の解消が問題になることもあります。

 

ですが、基本は「婚姻関係にある男女がパートナー以外と……」というところがポイントになります。

 

第二のポイントとしては「肉体関係があったかどうか」がポイントになります。

 

世間的な浮気や不倫の基準ではなく、性交渉があったかどうかが重要なのです。

 

逆に考えると、肉体関係のないものは不貞行為として離婚や慰謝料の請求が難しいということです。

 

法廷では肉体関係のあるなしが一つの重要なラインになることは、浮気によって離婚や慰謝料請求を考えている方は覚えておく必要があります。

 

ただし肉体関係がなくても、性的な接触があれば同じく民法770条の「婚姻を継続し難い重大な事由」に該当することもあります。

 

どんなふうに立証するのか、そしてどのようにパートナーが浮気をした時の話し合いを進めるのかは、現に浮気に悩んでいる方にとっては悩ましい問題です。

 

一人で悩まず、浮気についての法的な疑問や離婚後の心配事、離婚の進め方など、ご相談ください。

法定離婚事由とは?性格の不一致での離婚について

投稿日:2017年10月18日 作成者:事務局

こんにちは、カウンセラーたけです。

前回は安室奈美恵さんの引退発表から結婚、離婚について書きました。

そもそも、離婚はどんな時にできるのでしょうか。

 

ニュースを見ていると、芸能人の離婚にも「性格の不一致」や「子育てへの価値観の違い」など、様々な理由があることがわかります。

こういった理由がないと離婚することはできないのでしょうか。

 

決してそうではありません。

夫と妻が離婚に同意して離婚届を提出すれば離婚は成立します。

そこには特に理由がなくても構いません。

ただ、離婚は一生涯のパートナーとお別れすることですから、二人が協議した上で離婚届を記載し離婚をするという協議離婚にも、一般的に離婚の原因となる事柄が存在します。

理由なく「離婚しよう」「そうしよう」で離婚する夫婦はあまり聞いたことがないですよね。

浮気や金銭感覚の違いなど、何らかの原因があって二人の間に溝ができ協議離婚に至るケースがほとんどです。

 

離婚は夫婦の協議により決めて離婚届を提出すれば特に理由なく離婚することもできますが、夫婦の片方が離婚に反対している場合はこの限りではありません。

夫婦の片方が離婚に反対している場合は、まず家庭裁判所で調停委員に関与してもらって離婚について話し合う「離婚調停」を行います。そこでまとまらなければ家庭裁判所で離婚についての判決をもらう「離婚裁判」で決着をつけることになります。

この時に離婚の原因(法定離婚事由)が必要になります。

 

基本的に民法770条に定められる法定離婚事由がある場合に離婚ができることになっています。

法定離婚事由は次のような事由です。

 

1、配偶者の不貞行為があった

2、配偶者に悪意で遺棄された

3、配偶者の生死が3年以上明らかでない

4、配偶者が強度の精神病にかかり回復の見込みがない

5、その他婚姻を継続し難い重大な事由がある

 

1から5を簡単に見ていくと世間一般でよくある結婚後に出てきた考え方の違いや親族との不和、性格の不一致といった記載はまったく見当たらないことに気づかされます。

 

しかし「その他婚姻を継続し難い重大な事由」のところにちゃんと含まれており、法定離婚事由として離婚裁判や離婚調停で離婚を求める場合の原因になります。

 

離婚したいと考えているけれど、自分の離婚したい理由は法定離婚事由に当てはまるのだろうか。

こんな理由で離婚することはできるのだろうか。

パートナーが離婚に応じてくれそうになく困っている。

など、離婚について悩みを抱えている方は、お気軽にご相談ください。

安室奈美恵さん引退発表

投稿日:2017年10月12日 作成者:事務局

こんにちは、カウンセラーたけです。

寒くなってきましたね。

中秋の名月にはきれいなお月様が見られました。

 

先月、歌手の安室奈美恵さんが突然の引退発表を行いました。

突然の報に多くの方が驚かれたと思います。

 

安室奈美恵さんはソロデビューした1995年に紅白歌合戦にも出場し、それから何年にも渡って紅白歌合戦に出場し続け、20歳の若さでトリまで務めたファッションリーダーであり、歌姫であり、ダンサーでもあります。

才能あふれるアーティストという呼び方も彼女にはぴったりです。

結婚や恋をしている30代から40代くらいの女性には未だに「安室ちゃん」と親しまれ、引退発表を皮切りに、学生時代は安室さんのどんな曲に心を救われたか、どの曲に恋のときめきを感じたかなど、インターネット上では盛んに彼女の素晴らしい楽曲の数々についての思い出話が飛び交っているようです。

安室奈美恵さんの「CAN YOU CELEBRATE ?」などは結婚式の定番曲でもありますから、特に思い出深い方も多いのではないでしょうか。

 

安室奈美恵さんが引退するのは来年の9月で、引退までにライブツアーや新曲なども企画されているとか。

平成を牽引した女性歌手の安室さんの話題は、引退の時までひっきりなしに飛び込んでくることでしょう。

引退は寂しいですが、ツアーや新曲の発表は楽しみですね。

来年まで全力疾走していただきたいものです。

 

さて、安室奈美恵さんは1997年にTRFSAMさんと結婚しています。

安室さんのファッションスタイルを真似た女性を指した「アムラー」という言葉がさかんに使われていた頃のことでした。

その後、2002年に婚姻期間5年ほどで離婚しています。

当時のニュースを覚えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

電撃結婚も衝撃的でしたが、電撃離婚もかなり世間を賑わせた大ニュースでした。

 

結婚生活には夫婦にしかわからない事情や秘密があります。

離婚をした本当の理由は当人同士にしかわかりません。

ただ、世間一般では離婚の理由として「性格の不一致」や「結婚生活や仕事への考え方の違い」「親族との関係」があったのではないかと囁かれています。

 

そもそも、離婚はどんな時にできるのでしょうか。

 

次回はそのことについてお話ししたいと思います。

→次回へ続く

 

まずはお気軽にお問合せください!

面談相談

お電話でのお問合せはこちら

03-5251-0003
0120-580-261

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:9:30~18:00
定休日:土曜・日曜・祝日

 

お問合せはこちら

事務所スタッフ

お問合せはお気軽に

03-5251-0003
0120-580-261

お気軽にお問合せ・ご相談ください。

オフィシャルサイト
専門サイト